• 北四番丁駅 南2から徒歩3分!
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-31-9959

受付時間 9:00~18:00(平日)

遺産分割協議を行ったにもかかわらず、借金を引き継いでしまったケース

あおばの杜7.png

(ア)状況

父親である洋さんは、生前ギャンブル癖があり、500万円の借金を背負ったまま他界しました。
そして母親である洋子さんが遺産分割協議を提案してきて、借金を受取らないようにと、長男の正治様は相続財産を一切受取らない旨の遺産分割協議書に押印しました。

 
ところが、債権者から正治さんの元へ、債務の取立てが来ました。
「遺産分割協議書で相続は受取らない決まりにしたはずなのに・・・」このままでは借金を支払うことができず、自己破産してしまうのではないかと心配をした正治さんが、ご相談に来ました。
 

(イ)司法書士の提案&お手伝い

遺産分割協議を行うことと、相続放棄を行うことは全く別物です。
財産とは、自宅や土地や預貯金などのプラスの財産、借金のようなマイナスの財産両方を含めて財産といいます。その財産をわける方法が、遺産分割協議です。  
借金などのマイナスの財産を放棄したい場合、遺産分割協議でプラスの財産を受取らないことを決めるだけでなく、さらに相続放棄の申立てを裁判所で行わなければなりません。
さらに、相続放棄を行う場合、これら相続放棄申立ての手続きは、借金をしてしまっている方の死亡を確認した日から3ヵ月以内に行わなければなりません。
 

(ウ)結果

相続放棄を行う期限であるの3ヶ月が経過する前に、申立てを行うことができなかったため、相続放棄できず、約600万円の借金を背負うことになってしまいました。
相続放棄は一回しか申し立てを行うことができません。
ですから、遺産分割協議と相続放棄を混同して勘違いしてしまう前にすぐに当事務所までご相談下さい。
※但し、当事務所では、過去に遺産分割協議に参加してしまった方でも、相続放棄が認められたという事例もございます。お早めにご相談下さいませ。
 

3kagetu.png

その他の事例も、以下をご覧ください

①借金をした人(被相続人)が連帯保証人になっていたケース M1.png ②相続放棄をして、生命保険を受取ることができたケース F1.png
③20年前の借金を放棄することが出来たケース M4.png ④事業用借金(多額で家族に話せない借金)の相続放棄のケース F4.png
⑤相続放棄後に債権者とのやり取りをしたくないケース M2.png ⑥遠方に住んでいるため両親の相続放棄をしたいケース F2.png
⑦遺産分割協議を行ったにもかかわらず、借金を引き継いでしまったケース M3.png ⑧葬儀代金の支払いで預金を引き出した後で相続放棄をするケース F3.png
⑨亡くなった父は再婚で、前妻との間に子供がいるケース  絵1.PNG ⑩兄弟姉妹が沢山いて、相続人だけで20名程の大人数になってしまったが粘り強く解決へ導いたケース 絵2.PNG
⑪亡父親の自筆証書遺言を発見したが、法的に無効であったため相続人全員で遺産分割をまとめたケース  あおばの杜.png ⑫1人暮らしだった母が亡くなり、東京在住の長男に代わり相続手続き一式を代行したケース 1あおばの杜.png
⑬子なし兄弟姉妹の遺産分割のケース  man_54.png
 

相続のご相談は当事務所にお任せください!

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP